ご報告

9月30日、義母が他界しました。

9月28日は義母の86歳のお誕生日で、ケーキを買ってきて
義父、夫、訪問看護士さんと私の4人でベッドを囲み、「happy birthday」を歌いお祝いをしました。
義母は喜び、歌に合わせ手拍子を取り、時々いい笑顔を見せました。
ケーキも1~2口、なめることができました。

その翌日もベッドでゼリーを口にしたりしていましたが、睡魔が強く、これはお天気も悪いし、
明日になればまた元気になるよ!と話していたのですが・・・


30日の朝は熱が出て(普段から微熱あることが多かったのですが)血圧が測れず。
呼吸もいつもと違い、少し早く、
訪問看護士さんを呼び診ていただくと、血圧が測れないのは脈が弱っているからだと。
あれこれ診ていただき、手足の爪を見て
「チアノーセ始まってますね」と・・・

ちょっと痰も絡んでいるので機械で吸引してもらいおむつも替えてもらい、ゆっくり眠り始めました。

チアノーゼ?
それでもきっとこの状態で一週間ぐらいなのかな・・・
と誰もが思っていました。

義父も前日義妹に電話して「来てみてくれ」と頼んでいましたが、
義妹もまだまだだと思っていて、翌日11時前にやって来ました。

その時は義父が左手を、夫が右手を握り、私と義妹の4人でベッドを囲んでいました。
ずっと瞑っていた目を開き、ぼーっと見ているようでした。
私は仕事で呼ばれ、ちょっとその場を外し、戻ったのは11時10分ごろ。
その時義母が目を閉じ、皆が「眠ったね」と。

いや・・・
毎日顔を見ていた私は、ちょっと顔色がおかしい!と思い、
「えっ!?息してる?」と。

義母はこのように、安らかに眠るように、皆に囲まれ旅立ったのです。

長い間、アルツハイマー型認知症を患い、本当にゆっくりとゆっくりとの進行で、
天命を閉じたのでした。

皆とても哀しみましたが、精いっぱいの介護をしたのですから、後悔はないはずです。
義母だって86歳ですもの。
大往生と言っても過言ではない!

お義母さん、お疲れ様!ありがとうございました!

b0165088_1662921.jpg

[PR]
by stella_f | 2015-10-09 16:06 | 介護

いいお話の前に、


(前回13年ぐらい?と記していましたが、先日ドクターから15年ですねと言われました。)

事件なんて言ってしまいましたが、今は容体落ち着いています。
でも、先日記録した変わりないというのからは少し進んだようです。

実は8月8日にデイから電話で、ひどい汗と腰を痛がっているので病院に連れて行ってほしいと。
土曜日だったので救急外来へ行きました。
夫は出張中だったので、デイの人に車いすで病院まで連れて行ってもらいましたが、
それ以上はデイでしてはいけないことというので、私一人でのこととなりました。

血圧、熱、酸素など平常。
腰を痛がっているので一応レントゲンを。
それも年なりの背骨の減りなどはあるけど痛みの原因はなさそうということで、
処方は湿布6枚入り一袋。

というお医者様の見立てでした。

この後一人で車いすから車に乗せたり、と~~~っても大変でした!

その後も腰は痛そうでしたが、普通にしていたのです。

が!

17日に元気がなくなり、最近かかりつけ医なっていただくことにした医院に連れて行ったら
脱水症で点滴となり、長くはないかも、延命は?と話が進んでしまったそうで、
そのパニックの中のラインだったようです。

今すぐとかではなかったようなので、翌日朝一の飛行機で帰って来いということになったのでした。

その後、デイには行けないと在宅介護となり、在宅看護師を頼み、週3回の点滴を二週間。
在宅看護師にもあと2か月かな、などと言われましたが、
かなりの回復で、元の通りとはいきませんが、どうにか保っている状態です。

介護用ベッドとエアマットも導入。
そのお蔭でか腰が痛いと言わなくなりました。

状態もいい日はデイに行かせてみましたが、本人とても嬉しそう!
家では寝てばかりなのにニコニコ歌に合わせて手拍子まで!
家では飲ませるのに苦労するエンシュアリキッドも一本飲ませてくれたし!

こうなればぼちぼちショートステイでは・・・
との意見もあるのですが、
義父がなかなか首を縦に振りません。

在宅介護を始めて3週間が経とうとしていますが、
もうボロボロです・・・
自営業なので私達夫婦が手を出せていますが、仕事にもならないし、自分のことは何もできないし・・・

先日ご近所さんに「stellaちゃんってそんなにブスだったっけ?」って言われてしまいました!emoticon-0106-crying.gif
[PR]
by stella_f | 2015-09-05 15:00 | 介護

あれから3年・・・

介護は変わりなく、の日々でございます。

義母は3年前の8月1日から行きだしたデイサービス。

毎日行ってますが、ほぼ皆勤賞。

それだけ身体が丈夫なんですね〜

頭の中は少しずつ進んでいると思いますが、そんなに極端に変わっていないのです。

アルツハーマーと告げられ、13年ぐらいかしら。

義父も健康診断オールAで変化無し!の91歳。

介護のタグを改めて読み直してみましたが、ほ〜〜〜んとうに変化無し!

お二人とも私より元気!?って思っちゃいます^^

この暑さも、ほとんどクーラーを効かせた家の中なの特に問題ないようです。

と、一応綴っておく事にします。


薬は
メマリーを20gから10gに減らしました。
それが良かったのかな?
[PR]
by stella_f | 2015-08-05 16:42 | 介護

変化なし?

去年の3月から綴っていない介護について。

それが、

まるで進行が止まったかのような感じなのです。

変化はいつの頃かデイサービスでお風呂に入るようになったのと、

入れ歯をしないで食事をとることにしたら、食べる食べる!(歯茎で食べているんですよね。前歯下の歯6本しかないので。)

全て完食の三食です。

そのお蔭でか、言葉も以前よりずっと出るようになり、はっきりしてきて、いっときよりよくなったように見えます。

介護認定ももしかしたら4に下がるかもって。

いいのか悪いのか?

ただ便失禁は増えています。

それと立つ力がちょっと劣ってきているかな。

でもとっても元気。

デイサービスは毎日ですが皆勤賞ですね^^
[PR]
by stella_f | 2015-01-19 17:17 | 介護

ゆっくりと・・・

義母は今月から要介護5となりました。
身体は健康ですが、認知症は5まで進んだそうです。
デイサービスは去年の11月ごろから毎日となりました。
ゆっくり、ゆっくり進んでいると思いますが、義母はこんな自分をどう思うのでしょう・・・
もちろん今は何にも分からないので、今は何とも思っていないけど。
自分の名前も言えなくなりました。
でも、自分の名前だけは聞けばうなずくので分かってはいるのですね。
家族の名前は全然分かりません。
それでも顔を見ればいつもいる人、というのは分かるんでしょうね。
デイの人の顔もいつもの人は認識しているように感じます。

義母の介護は、リズムができ、今のところはどうにかこうにか。
義父は頭がしっかりしているので、結構難しい^^;;
食事については義父は一切できないので三食毎日、これが一番大変ですね。
朝は簡単ですが。。。

今のところの一日の介護の内容は
・朝7時に行き、朝食
・9時に義母をデイに送っていく(これがなかなか動かなくて大変!)
・義父とのお昼ご飯
・4時半にデイから送られてくる義母を迎え、甘酒を温めて飲ませる
・夕飯5時半から寝かせるまで。義母の歯磨きもする
義母は最近口に運んであげないとあまり食べません。
でも口に運んでいるせいでよく食べるので、栄養面はどんどん改善されています。

7~8時の間に寝るので、そのあとは解放。ほっと一息の時間です。

食事以外は夫も協力的ではあるのですが・・・^^


最近のキロクとして残しておきます。
[PR]
by stella_f | 2014-03-03 16:35 | 介護

お変わりなく^^

介護、その後も義両親ともお変わりなくお元気に過ごしておられます。

健康診断も義父はなんとオールA!
義母も最近とってもよく食べるようになり栄養面が改善され、大きく数値がはみ出すところがありません。

ただ、便失禁はしょっちゅうになったようで・・・

記憶も時々結構思い出す日もあったり!
こういう日は頭の中が少しクリアーになっているのでしょうね。

今はデイサービスも週6日となりました。
お風呂を嫌がるのでデイでも入れられないのが残念ですが。
家でも全然入らないのですが、たま~に、義父が軽く入れてくれます。
でも、嫌で嫌でのようです。
義父への依存は相変わらずです。
先日久し振りに
「気持ち悪いおじいさんが居る」と夫に訴えていたようです。

でもでも、まだまだゆっくりゆっくり進んでいるので、お医者様も感心されでいます^^

この介護カテゴリーを増やして丸二年になるところ。
アルツハイマーを患ってもう8年はなるのでしょうか。


追記
薬について
今まで抑肝散という漢方を飲んでいましたが、粉薬が飲めくなり、認知症に効くわけじゃなく、症状として出る不安やイライラを抑えるだけなので、止めてみる?と飲ませないことにしました。
すると、食欲は出るし、頭の中がクリアな日が多い気がします。
今まで忘れていた家族の名前も出るし、会話も増えるし。
今飲んでいるのはアリセプトとメマリー、そしてエンシュアリキッドです。

**********

介護する我々は、実はなんだかとても大変です!
喧嘩も絶えません。
きれいごとでは語れない壮絶な思いも多々あり・・・デス^^;
[PR]
by stella_f | 2013-10-12 07:54 | 介護

知らないじーさん?

昨年の6月、義両親の付き添いで東京旅行に行きましたが、その頃に比べると義母はゆっくりですがやはり進んでいます。
今年は私が付き添っても、もう旅行は無理ですね。
普段の様子はそんなに変わってないように見えますが、頭の中はかなり消されてきているのでしょう。

最近の大きな出来事は・・・
夕食後義父が隣の部屋でテレビを観ていると、義母が小覗きに行き、いつもならそのまま隣に座っているのに、
戻って来て「知らないじーさんがいる」と・・・
夫が「うちのじーちゃんだろ、行ってみよ」と隣に座らせてみると
「じーさん、どっから来たの?」と。
「じーさんにも奥さんいるんだろ、心配するから帰った方がいい」と。

夫が呼ぶのでそのやり取りを見ていて、最初は爆笑でしたが、だんだんと切なくなりました。
義父にあんなに依存しいるのに・・・

その数日後のこと。

(最近デイサービスの車で送迎をしてもらっています。
今まで私たちの送り迎えでしたが、これも大変なのでお願いすることにしました。
それでも乗せるまでが嫌がって大変なんですが、どうにかこうにか・・・)
デイサービスの車に乗せるのは私たち夫婦の仕事。
義父は出掛けたことにして二階に潜んでもらいます。

朝義両親宅へ夫と行くと、寝室に義母が一人でいました。
その奥の部屋で義父はテレビを観ていて、私たちが行くと義母が寝室からでてきて、
義父に二階に行ってもらうと
「お前たちが来てくれてよかった。ずっとここによそのじーさんがいて怖かった」
と何度も訴えるのです。
もうこれは笑ごとじゃない!

これは2週間から10日前ぐらいのことです。
その後はその症状はないのですが、これはまた出てくるはず。

もう一つ気になる症状は呂律が回らないときがあること。
言語機能も低下しはじめたのでしょうね。
知り合いの女性の名前は全て私になっています(笑)
目付きも虚ろなことが増えたような。

あ~~~どうなっていくのでしょうか・・・

追記(6/12)
[PR]
by stella_f | 2013-06-08 12:58 | 介護

悲しい出来事

今年になって義母の様子が変わりました。
お正月に5日振りに会ったとき「誰?」っていう表情。
「私のことわかるよね~」と聞くと分からない人の事を答えることば「わからないわけない」と。
分かれば必ずその人の名前を言います。
名前じゃなくても「どこどこの母さん」とか。
最近一気に人が記憶から消されているように思います。

先日、お昼の準備をしていると、
「おたくの旦那さんはこないのか?」と。今までは夫の名前を言ってましたが。

義母の中に年末まで残されていた人は
義父と夫と私と私の娘、そしてお隣のご夫妻だったのですが、今は私と私の娘とお隣さんは微妙です。
自分のキョウダイも娘もその子供たちもとっくに記憶から消されていました。
自分には子供は一人で息子だけだと言っていました。

次にとうとう私も消えたのかな・・・
これは思っていた以上に悲しい出来事として私を襲っています。
私が義母宅で食事の片づけをしていてもずっと見ていて何か持っていかれないかチェックしているのです。
今までは自分の娘にはそういった疑いの目で見ていて私のことは信頼してくれていたのですが。

*****

そして最近便失禁が時々。
初めて紙パンツと介護用のパットを買いました。
今のところ義父が始末をしてくれていますが。

*****

昨日のこと、夕飯の片づけを終え帰る時、コートに入れていたはずの鍵と携帯がありません。
最近私もとっても忘れっぽいので、きっと鍵をかけ忘れたか・・・???と家に戻りましたが、
鍵は掛かっているし・・・おかしいなぁ~
とポケットに手を入れると、手袋も片方しか入ってない。
もしかして!ともう一度戻り、夫に携帯をかけてもらうと、義父達の寝室から着信音が。
そのまま鳴らして入ってみると、義父の枕の下から聞こえます。
ありました!
鍵、携帯、片方の手袋。
ハンガーにかけていたコートからいつの間にか義母が。。。

この日の義母の手提げにはデイサービスのカルタが二枚。
カルタ遊びをした日に、時々手提げに入れてしまいます。
気に入ったものはこっそり手提げに入れちゃうんですが、それが絶妙で、一緒に居る人が全然気が付かないんですよね。
これ、お店でやったら怖いですよね・・・


*****

お風呂はもう入れません。
先月一ヶ月入らなかったので、義父が年末に入れていました。
私たちが入れようとしても頑なに入りません。
頑固度はどんどんアップしています。


*****

台所の洗い物も、以前は自分で洗えていましたが、今はそのまま。
洗っても洗い桶にたまった水ですすぐだけ。
手・口・テーブル・入れ歯そしてお茶碗も全部同じ布巾で拭いちゃいます。

*****
*****
*****

すみません!
愚痴みたいになりました。
いや、愚痴かな。書き出してほっとしたいのですね。
覚書と言うことで・・・
[PR]
by stella_f | 2013-01-17 22:51 | 介護

一年後

カテゴリの「介護」を増やしてから一年が経ちました。
認知症(アルツハイマー型)と診断されてから何年経つのでしょう。
7年位かな・・・
最初はゆっくり進んでいた症状は、この一年とっても早く進んでいるように思います。

8月から行き始めたデイサービスに今月から週三回にもなりました。
水曜日に行っていた歌の会はぼちぼち無理かと、デイサービスに行くことにしたのです。
義母はデイのことはもちろん分かっていなくて、どこかのお宅にお邪魔していると思っています。
それでも、さすがプロです。
10時に送っていくと、4時までちゃんと居ることができるようにみてくれています。
とってもとっても助かります。


最近、目に見えて進んだ症状が歩き方。
以前はさっさと歩いていたのが小刻みにゆっくり。
そして、良く寝るようになりました。
食も一気に細くなりましたが、内臓はどこも悪くないのです。

先日、義母の妹や、兄や、弟が代わる代わる訪ねていらしたのですが、
もう認識できず・・・
帰った後に「今の誰?」って。
いらしたキョウダイの皆さん、涙目でした。
義母宅に居る姪(つまり義母の孫)のことも、時々「あの人どこの人?」
私の娘が先日来ていた時も、姪と見比べながら「こちらさんたちは同じ学校にいっているのかい?」って。
幸い、私たち夫婦のことだけは分かるし信頼もしてくれているようですが、
症状の悪い日は目もうつろで、分からないような時も。

もう一つ、相変わらずの大変な症状は義父への「依存」
義父が居ないとどこへ行ったのかとずっと尋ね続け・・・
最後には「くそじじい」など暴言になってきます。
何故なのかとケアマネージャーさんに聞いてみると、
やはり昔の思いが出るそうで、
義父が何かと義母を残して外に出ていて、繋ぎとめておきたかった気持ちではないかと。
なるほど!
義母に仕事を任せ、よく出かけていた話聞かされていました。
娘が「とうさんにはよそにも家があるのか?」と聞くくらい家に居なかったと義母は私に話していました。
その他にも、過去の嫌な思いを今吐き出しているようなことが見受けられます。

あっ、それから!
残念なことが・・・時々こっそりくれた2,000円のお小遣いが一切無くなりました~笑


介護している皆さん、頑張りましょうね!!
[PR]
by stella_f | 2012-11-08 23:22 | 介護 | Comments(0)

デイサービス

今日、初めて本格的デイサービスに義母が行きました。いや、義母を行かせました・・・
長いことかかって、3軒見学や体験に行き、今日行ったところと契約し、初日だったのです。

(私はデイサービスとグループホームの違いも知らぬまま見学してました。)

最初の二軒はデイサービスもグループホームも同じ建物で、認知症だけでなく、様々な方がいらっしゃるところでした。
でも、三軒目は認知症だけの施設で、デイサービスとグループホームが別々の建物で、
デイサービスは民家をそのまま利用しているので、
誰かの家に遊びに来たような感じを受け、
義母も見学の時一番すんなり入って行ったので、まず取りあえずここにしてみようということになったのです。

施設を利用することの、不思議な罪悪感は家族全員にあったはず。
でも、いつかグループホームにもお世話になるためにも、慣れが必要だと皆心を鬼にして・・・
10時を目指し、
連れて行くときも「この前お会いした方が、お母さんとまたお話したいから来て欲しいって」なんてウソをつき・・・
車で10分のところ。
車中ドキドキ。。。
そして、書類を渡すと別の部屋に行き、私はそのまま帰ることに。
「よろしくお願いします」と言う声は涙声で。。。

今、義母は私をとっても頼りにしてくれていて、実の娘より私なんです。
これは演技でもなく心底のこと。
最近益々その傾向で、可愛いんですよ。

お昼前にデイサービスに電話を入れてみると、心配そうにしているけどまだ大丈夫そうとのことだったので、
そのまま待機状態。
しかし!一時半過ぎに携帯がなりました。
でも、お昼ご飯も皆さんと頂いてきたなんて凄いです。
来週も行ってくれるかな・・・


先日お昼ごはんを食べて片付けてやれやれの時、
「あれ!お昼だねぇ、ご飯にしなくては(もちろん秋田弁で)」と・・・
初めてのことです。

ひとつ、ひとつと新しい進んだ症状が出るたびにドキッ!とする私たち。

デイサービスが楽しいものになってくれることを祈るばかりです。


b0165088_20512294.jpg

[PR]
by stella_f | 2012-08-03 20:56 | 介護 | Comments(0)